車の輸送方法|車の輸送や緊急配送を輸送会社に簡単依頼!用途に合わせて利用しよう

引っ越しする際に車を運べず困ったら輸送会社に依頼しよう

車の輸送方法

おもちゃの車

遠方に引越しする場合

車の輸送を行ってくれる輸送会社は多く存在します。引っ越しの際に飛行機を使って遠くに行くという場合は、飛行機に車を乗せるわけにもいかないので、輸送会社への依頼をおすすめします。

輸送を依頼する場合は

車の輸送を依頼する場合は、先に車の状態を確認しておきましょう。運んでもらってから傷などを発見した場合、最初からついていたものなのか、輸送会社が付けてしまったものなのか判断が難しくなってしまうからです。写真などを取り、輸送会社の方に伝えておきましょう。

ガソリンについて

輸送会社や引っ越しの場所によって、ガソリンを抜いておくか入れておくかが変わってきます。安全のためにガソリンを抜く場合もありますし、現地に運ぶために運転する場合は逆にガソリンを入れておく必要があるからです。その部分も輸送会社に確認しましょう。

車の輸送を依頼する際に気をつけることリスト

  • 依頼する前に車両に傷や破損している部分はないかチェックしておく
  • 依頼する車両に荷物を乗せておかない
  • 到着日時は事前に確認しておく

輸送方法BEST5

no.1

ドライバーが運転

「ドライバーが運転」が1位です。近場であったり狭い道を通る際に輸送会社のドライバーが運転し、安全に目的地まで運ぶという方法です。

no.2

積載車で運ぶ

「積載車で運ぶ」は第2位になります。積載車とは、車を積むことができる大型トラックなどのことを言います。遠方でも運ぶことができますが、短距離の車輸送に向いている輸送方法です。

no.3

積載車とドライバー運転

「積載車とドライバー運転」は第3位です。積載車が通れない場所から車を運ぶ際にドライバーが運転して積載車の場所まで運んだり、運ぶ場所の道が狭い際に積載車からドライバーが運転して目的地まで運ぶという方法です。

no.4

航送

第4位は「航送」です。航送とは、船を利用して自動車や人など、さまざまなものを運ぶことを言います。自動車を運ぶ専用の船などもあり、離島に車を運ぶ際におすすめの輸送方法です。

no.5

空輸

「空輸」は第5位です。空輸とは、飛行機を使った輸送方法ですが、日本ではあまり利用されておらず、海外でモーターショーが行われる際に利用されることが多い輸送方法です。試作車両やレースなどに使う車両を運ぶことが多いようです。

広告募集中